交通事故で後遺障害が残ってしまったら【事前認定を行なおう】

遺産を引き継ぐときの流れ

家族

手続きは専門家に頼める

名古屋で相続する機会が起こったら、様々な手続きを取る必要が出てきます。始めに済ませておくのが死亡届の提出で、これは死亡から7日以内という決まりです。そして、遺産協議が終わるまで誰かが勝手に預貯金を引き出さないように、金融機関に連絡して口座を凍結してもらいます。さらに生命保険金の受け取り手続きや健康保険及び遺族年金の手続きを取ります。それと同時進行で行いたいのが、遺言書の確認及び検認、相続人及び財産の調査です。財産の総額や債務、相続人を全て洗い出したら、遺産分割協議を始めます。被相続人に債務があった場合、単純承認か限定承認、相続放棄いずれかを選ぶことができます。なお、これらの手続きは3ヶ月以内に行うのが決まりです。それから、故人が事業者だった場合は4ヶ月以内に所得税の準確定申告を行い、10ヶ月以内に遺産分割協議書を作成し、相続税の申告と納付の手続きを取ります。また、1年以内に遺留分減殺請求を、3年以内に配偶者相続税軽減の手続きを行います。このように手続きが多いため、名古屋では法律専門家に依頼する人が多いです。もし遺産分割で揉めてしまって裁判を起こすのであれば名古屋の弁護士に依頼し、不動産を相続した場合は名義変更を行える名古屋の司法書士に依頼します。また、相続税がかかる場合に名古屋の法律専門家を頼る場合は税理士が一般的ですが、相続税がかからない範囲の遺産で争っていないのであれば、司法書士に依頼するのが自然な流れです。

Copyright© 2017 交通事故で後遺障害が残ってしまったら【事前認定を行なおう】 All Rights Reserved.