交通事故で後遺障害が残ってしまったら【事前認定を行なおう】

納得のいく等級を得る為に

事故現場

弁護士に頼み被害者請求を

交通事故に遭って受傷し、一定期間治療を続けても症状に改善の見込みがない場合、その症状を後遺症と呼びます。後遺症が残った場合は、後遺障害として認定されると保険会社から後遺障害慰謝料を受け取ることができます。例え後遺症が残っても、後遺障害として認定されなければ慰謝料を受け取ることはできませんので、まずは申請する必要があります。申請するには事前認定と被害者請求のふたつの方法があります。なお、認定は書面主義になっており、提出された書面のみで審査が行われ等級が決定されます。つまり、後遺症と事故との因果関係がきちんと立証できるだけの充分な書類をそろえて提出する必要があります。ふたつの申請方法のうち、よく取られているのは事前認定の方です。これは交通事故の加害者側の保険会社が代理申請する方法で、手続き一切を代行してもらえるため、被害者側の負担は少なくなります。しかし、保険金を支払う側の保険会社が申請するため、必要書類も最低限の物になることが多く、低い等級しか認定されないということも珍しくありません。被害者請求は、交通事故の被害者側から申請を行うというもので、被害状況を認定してもらうのに必要充分な書類をそろえて提出できます。とはいえ、被害者が自力で必要な書類いっさいをそろえるのは大変です。後遺障害を被害者側から申請をする場合は、交通事故分野に強い弁護士に依頼するといいでしょう。なお、認定された等級が納得いかない場合は、異議申し立てすることも可能です。しかし、この場合は認定を覆すだけの根拠が示せる書類が必要となりますので、やはり弁護士に依頼するのがおすすめです。

Copyright© 2017 交通事故で後遺障害が残ってしまったら【事前認定を行なおう】 All Rights Reserved.