交通事故で後遺障害が残ってしまったら【事前認定を行なおう】

女性

専門家に相談してみる

相続対策や相続税対策は、土地や家屋をたくさん所有している人にとって重要なことです。まず、その道の専門家に相談してみましょう。弁護士や税理士などに相談をすることで、あまり税金を支払わずに済む対策をアドバイスしてもらえます。

詳しく見る

男の人

規模の大きな法人の魅力

企業経営や納税などの問題を解決したいときに便利なのは、名古屋に拠点を置いている、税理士法人のサポートプランです。資産運用に関するアドバイスは個人にも評判であり、会社経営者に人気があるのは、経営改善や事業承継のサポートです。

詳しく見る

慰謝料請求の対処ができる

積み木の車

福岡で交通事故を起こしたら、すぐにでも福岡の弁護士に相談しましょう。そうすれば、慰謝料を請求されてもスムーズに対処してもらえます。素人では対処が難しいからこそ、弁護士に介入してもらった方がとても楽です。

詳しく見る

遺産を引き継ぐときの流れ

家族

名古屋での相続手続きは分割協議で裁判を起こすときは弁護士に依頼しますが、そうでなければ司法書士に任せる人が多いです。もし財産が多く、相続税が発生するようであれば税理士への相談も有効です。何人もの専門家に頼むと費用がかさむので、自分達に合った方法を選びます。

詳しく見る

納得のいく等級を得る為に

事故現場

交通事故にあって後遺症が残った場合、後遺障害として認定されると慰謝料を受け取ることができます。認定を受ける場合は、事前認定か被害者請求のどちらかの方法で申請する必要があります。事前認定では低い等級になることが多いので、交通事故に強い弁護士に依頼し、被害者請求することをおすすめします。

詳しく見る

弁護士へ依頼し事前認定を

レディ

様々な負担の軽減に

いくら自分が気をつけているつもりでも巻き込まれて被害者になってしまうのが交通事故です。自分は大丈夫と思っている人でも、いつ巻き込まれてしまうのかは誰にもわかりません。そこで知っておくことが必要なのが、もし交通事故の被害者になってしまった場合にどうすれば良いのかということです。交通事故の被害者になってしまったら様々な問題が起きますが、その一つとして後遺障害があります。交通事故は心身共に大きな負担をかけることになりますが、場合によってはそれが後々まで残ってしまうことがあります。その時には気が付かなくても、後になって後遺障害に悩まされることもあります。治療には時間がかかることも多いので、後遺障害は保険の適用が大切になります。そこで重要となるのが事前認定です。自賠責保険の後遺障害の申請方法の一つであり、相手方の任意保険会社が窓口になって後遺障害の等級認定を事前に確認するというものです。この事前認定には様々なメリットが考えられます。その中でも大きなものが被害者への負担を大きく減らすことが出来るというものです。一般的には保険手続きをする場合には様々な資料を揃える必要があり、それだけ手間やお金がかかるようになってしまいます。しかし、事前認定であれば相手方の任意保険会社が主体となるので資料収集の手間は少なくなりお金もかからないのです。具体的なやり方がわからないという場合には、後で後悔しないようにしっかりと弁護士に依頼して事前認定を行うことが大切です。

Copyright© 2017 交通事故で後遺障害が残ってしまったら【事前認定を行なおう】 All Rights Reserved.